■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

なんと豊岡でSFTS!!
8月7日、神戸新聞「マダニ県内初の感染例 豊岡の70代女性が入院」。と云う衝撃的記事が...、「全国で35例目で、県内での感染確認は初めて。女性は入院中だが、回復傾向にあるという。」記事は続く、「また、同じ病院で5月下旬に死亡した豊岡市内の80代女性の検体も県立健康生活科学研究所で調べたところ、陽性反応が出た。.....」

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)のウイルスはマダニ類が媒介するのであるが、当初、中国から渡って来たと思われていたらしいのだが、中国のものとは遺伝子の構造に違いがあるようだ。国内先例の34人のうち15人が既に死亡とあるが、これは氷山の一角かも知れない。誠に恐ろしい感染症である。

これは義弟が散歩中に取り付かれ、知らず知らず、衣服に付いたまま家に持ち帰ったと思われる。居間を這っていた「フタトゲチマダニ」(体長2mm弱)。偶然、発見できてラッキーだった。




私はこれに過去三回、喰われたことがある。いきなり血を吸うのでなく、体の中でも柔らかい部分に這っていき、好みの部分で吸血するのだ。恐ろしいのは、体を虫が這ってる感触も無く、また吸血されても痛くも痒くも無いのである。風呂に入っても離れず、最長で3〜4日、股座に飼っていたこともある。

最近、マダニ類が多いのは、鹿や猪が里にも出没するようになったのが、一番の原因であろう。草むらに寝そべったり、腰掛けたりは論外、山へ入るときは白っぽい服装で肌の露出は極力避け、休憩時や帰宅時には必ず目視で体や衣服にマダニが居ないか確認しましょう。


| 虫・etc | 10:43 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑