■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

ナメコを食す
Yから携帯に連絡。「ヒラフスベがエエ感じになっている。」「ナメコも出た。」とのことだ。早速、梯子を軽トラに載せ山に向かった。梯子は観察中のヒラフスベを撮るため...、高枝に発生してるため梯子が要るのである。
ここのところの木枯らしで、山道は落ち葉が美しい。再び、Yから連絡。車を止めると落ち葉で滑って前に進まない。四駆に入れて再度発進。




朽ちて苔生した切り株に毎年出る。



雨に濡れて、滑りが凄い。



一通り、撮影するとYが周回探索から帰ってきた。去年は収穫を前に横取りされたので、Yは少し開いたほうが旨いのだがなどと言いながら、採ってしまうつもりである。「俺も食べてみようかな?...ナメコなら。」「やっぱ、止めとく。」と私。「喰え!!。」とY。結局、収穫した袋を一つ渡された。



晩御飯に味噌汁にして頂くことにした。普段、私は野生のキノコは食べないことにしてる。ナメコも勿論初めてである。



ナメコの香りを楽しもうと、具は豆腐だけにして貰った。出汁は旨いし、市販のものに比べ数段滑っている。歯ごたえも良い。香りはというと、まずまずで、Yの云ってたようにもう少し開いたほうが良かったのかも...?。

| | 09:13 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑