■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<前月 2020年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

花見に託けて
花見に託けて、そのあと宴会をと云うことで城山に登った。今一つは高次元道路が出来るまでに我が地区の全貌を上から見ておこうと云った目的もあったのだ...。
車でふもとまで行き、車止めがあるところからは徒歩である。途中、「旧道」と立て札があるので、こちらの方が近かろうと思い、9名中、6名は旧道を行くこととなった。




そもそも、これが今日のつまづきの始まり。旧道は暫くすると道が無くなり、山肌を舐めるように登らなければならない。



私が藪を抜けて暫くして、別の公式ルートを登ってきた三人と合流。



結局、旧道でないほうが楽で、速かった。旧道の殿(しんがり)はヱビっさん。無理もない、既に朝から「ヱビスビール」が入っているのだ。



全員揃ったところで記念撮影。



そこから頂上の本丸跡までは直ぐだった。ここからは一望の下に見渡せる。



何年か後にはこの景色の真ん中に豊岡舞鶴道の日高インター?が...、と思うと感慨も一入である。既に買収の済んだ田にはバックホウも見える。東側には日高の街並みが....。



再び、棲家をバックに記念撮影。



下山すると、車のヘッドライトを付けっ放しにしてたみたいでバッテリーが...、下り坂まで手押し車である。坂道を利用して何とかエンジン起動。やれやれ、お陰さまで昼飯は旨かった。
皆さん、ほんとうに、お疲れ様でした。また、...歩きましょう!!。


| 雑記 | 07:31 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑