■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■

大好物、「黒豆ご飯」
今月の初めのことである。姫路、明石と用事を済ませたついでに丹波を回って帰ることにした。勿論、目当ては「黒大豆」である。実は先月も黒豆を露天販売所で買っている。175号線を北上し社町あたりで右折し372号線に入る。だらだらと続く山道を暫く走ると道しるべを兼ねた「黒豆」のモニュメントが出現する。さすが「丹波黒」で知られた地方ならでは。



「デカンショ街道」と云う看板もある。この峠を下りると、田んぼの真ん中に販売所があったのだが...、もうお仕舞いか...?。



諦めきれず、丹南篠山口から舞鶴道に乗り、西紀サービスエリアに寄った。「あったぁー!!」さすがにもう鮮度は落ちるが「丹波黒」である。



これ一束で2回は食べることが出来る。塩味だけの田舎飯であるが、とっても旨い。先月分もまだあるので固茹でして冷凍しておくと、旬でなくとも「黒豆ご飯」が喰えるのだ。



どうです...?、旨そうでしょう...!!。

| | 10:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
食べるラー油


かっちゃんから貰った今流行の「ラー油」。多分、ヱビス豆腐もこれをのっけて食べたのだ?。今日、早速ご飯にのせて食べてみた。ちょっと癖になる美味しさである。これを豆腐に....と想像すると、「麻婆豆腐」?かも知れない。これで炭水化物の摂取が進み肥満が増えて、ちょっとした社会問題になっているとか?。何を食べるにしてもこれと...。何となく解る気がした。

| | 11:06 PM | comments (x) | trackback (x) |
えきそば(続編)ほんまもん
ヱビっさんがこうてきてくれた。なんだか催促したみたい(督促に近い)で悪いなぁー。
早速、お昼に...、出汁が粉末である以外は、コンビニで売っていたものとは全然違い、ほんまもんである。




夕方にヱビっさんからメール。 「駅そばフェチ?の事務局長なら、やっぱり(我々が高校時分)の白い薄っぺらな容器に入った状態でアップしていただけるのですかね!?。
駅そばは何の容器が一番合うか、我々はやはり白い容器ですかね。一緒に墓掃除に行ったYUに昼食に作りましたが、ラーメン鉢は似合いません。」

「あちゃぁーっ!!」である。わたしもラーメン鉢には違和感があったが、早く喰いたい意地汚さで、えきそばらしい演出までは...。




結局、ヱビっさんが懸念したとおり、ラーメン鉢で頂いたのであります。うどんともラーメンとも云えない食感と味は「ずばり、これでしょう!!」っといった感じ、云十年前、姫路駅で最後に食べたのは親父とだったっけ?と懐かしく想い出した。

追:えきそばの容器は白ではなくて、薄い黄色と云うかクリーム色?だったような...?

| | 10:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
きのこ酒
予ねてより、一度、試してみようと思っていたが、なかなか綺麗なと云うか、虫の入っていないものが無くて、なかなか挑戦できなかった。今年は順調に育ったみたいである。





普通、きのこを用いた薬酒はマンネンタケであろうが、あるサイトにによるとこのマゴジャクシを200gに対しホワイトリカーを一升の割りで造っていた。これは75gしかなかったが、それはそれ、目安ということで1リットル容器満杯にしてしまった。後は1年寝かせるだけ。



勿論、私は呑まない。試飲はヱビっさんか、かっちゃんにしてして貰おう。一年経てば琥珀色に染まるらしい、如何にも旨そうな薬酒になるだろう。マンネンタケ酒のような薬効は期待できないそうだが...?。


| | 09:23 PM | comments (x) | trackback (x) |
姫路の駅そば
「姫路の駅そば」がコンビニで売っているとの情報が入った。情報源は義理の妹のマキちゃんである。勿論、インスタント麺であるが、非常に食べてみたくなった。
「姫路の駅そば」と云えば、おそらく但馬の人で知らない人は居ないだろう。今ではほとんど乗らなくなってしまったけど、播但線経由で京阪神に行くとき、短い停車時間の合間に駅そばを買いに走り、車内に持ち込んで啜る。和風の出汁にラーメンとも細いうどん?、はたまたソバとも決めかねる麺が浮いている。小腹の空いてるときには本当に旨かった。兎に角、くせになる味である。直近で喰ったのは十数年前だと思う。ついでがあったので早速、買ってみた。




製造元がNISSINなので、蓋を開けると「どん兵衛」風である。



味はというと、これはこれで癖になりそうな味なのだが、「姫路の駅そば」とは別物である。インスタントであるからしょうがないが...。やはり、本物が食べたくなった。
姫路の駅のホームだけしか食べられないと思っていたが、蓋の裏に他の店舗も紹介してあったので参考まで...。



| | 09:21 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑

<<次の記事