■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■

越冬コハクチョウ
2012.1.8

餌場を点々と移動する、今日は日没まで此処にいた。
Nikon D7000 18-200
帰る頃には東の空に丸い月が昇ってきた。

Nikon D7000 18-200

| - | 12:37 AM | comments (x) | trackback (x) |
草原のフクロウ
2012.1.7 


いつの間にか、多くの都会人の的になって地元民は追い出される格好になってしまった。
気持ちは「嫌がらせ」割り込むように数コマを切って退散。
独占でゆっくり撮影したいものだ。
Canon 1D EF600F4

| - | 10:44 PM | comments (x) | trackback (x) |
川岸の動物
2012.1.7

久しぶりにヌ−トリアになんとなくレンズを向ける。

そうこうしているとチョウセンイタチが「ひょっこり」と顔を覗かせた。

Canon 1D EF600F4

| - | 09:03 PM | comments (x) | trackback (x) |
2012年鳥初め
2012.1.1

年越しの風邪、なんとなく気持ちも身体も重い。
夕方になって出掛けてみる、凍てついた水面で採餌するハクセキレイが相手をしてくれた。
Canon 1D EF600F4

| - | 11:08 PM | comments (x) | trackback (x) |
月食
2011.12.10
ついつい観てしまった、この季節にしては珍しく月のあるところは晴れ。

2011/12/10 22:39:42
Canon EOS 50D EF600F4
ISO400 1/6 f4.5 -1 2/3

オリオンと赤く染まった月

2011/12/10 23:59:29
Nikon D7000 Nikkor18-200F3.5-5.6

| - | 01:33 AM | comments (x) | trackback (x) |
痛々しい
2011.11.13


このコサギ、片足の骨が折れ筋も切れ皮一枚でぶら下がっていた、その姿は、あまりにも痛々しく撮影を躊躇した。
それでも餌はしっかりと捕れているようだ。

Canon 1D EF600F4

| - | 11:54 PM | comments (x) | trackback (x) |
畑で散歩
2011.11.13


耕されて間もない畑で、ハクセキレイが盛んに虫を探していた。

Canon 1D EF600F4

| - | 11:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
愛想
2011.11.12

クサシギ

何時もなら、こっちが気付くまでに飛んでしまうのだが、今日はなんともご機嫌。

Canon 1D EF600F4

| - | 11:29 PM | comments (x) | trackback (x) |
遠く遠く
2011.11.12


眼前を横切って対岸に降りた、横切った時から正体は分かっていた。
余りにも遠い。
Canon 1D EF600F4

| - | 11:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
名残
2011.11.6


今秋のノビタキの渡りは一気に通過してしまった、それでものんびり屋がいるものだ。
Nikon D7000 Canon FD800F5.6

| - | 12:19 AM | comments (x) | trackback (0) |
時雨
2011.11.5 


朝からやまない雨、フィ−ルドに出てみたが、被写体にめぐり合えない。
そんな中、ブッシュから出てきたアオサギの若者、センダングサの実を沢山つけている。

Nikon D7000 Canon FD800F5.6

| - | 12:15 AM | comments (x) | trackback (x) |
紅葉
2011.11.3


毎年、繰り返し同じポイントで深山の紅葉を観る。
Nikon D7000 18-200

| - | 12:03 AM | comments (x) | trackback (x) |
黒豹
2011.10.30


退屈凌ぎに野良猫を写すことがあるのだが、個体によって野生の強さが違う。
Canon 1D EF600F4

| - | 11:55 PM | comments (x) | trackback (x) |
2011.10.29


アオアシシギが胸まで浸かって何やらしきり捕食している。
近くで捕えてものを確認するとヤゴだ。

Canon 1D EF600F4

| - | 06:29 PM | comments (x) | trackback (x) |
カモ・カモ
2011.10.22

マガモ


マガモ


コガモ


ヒドリガモ


ハシビロガモ


撮るもの無し、カモでもいるだけましなのかも。

Canon 1D EF600F4  Nikon D7000 Canon FD800f5.6

| - | 11:13 PM | comments (x) | trackback (x) |
初チョウゲンボウ
2011.10.16


仲間が見てから遅れること二週間、私にとっての今秋の初チョウゲンボウ。
田圃からバッタを捕まえて電線に戻ってくる。

Canon 1D EF600F4

| - | 12:08 AM | comments (x) | trackback (0) |
下手な猟
2011.10.16


何度も何度も、繰り返し突っ込む、その度に獲物をくわえて水を切る瞬間を狙ってシャッタ−を切るのだが、このダイサギは猟が下手なのか何時も空ぶり、おかげでこちらも空振り。

Canon 1D EF600F4

| - | 11:57 PM | comments (x) | trackback (x) |
渡りピ−ク
2011.10.15


ノビタキの渡りがピ−クをむかえた。
豊岡盆地のあちこちで姿を見かける。

Canon 1D EF600F4

| - | 11:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
命をつなぐ
2011.10.10



ギンヤンマが目立つ、番うと、すぐに産卵が始まる。
産卵を終え産卵場を変えようと飛び上がった一瞬を狙ってシャッタ−を切る。

Canon 1D EF600F4

| - | 11:37 PM | comments (x) | trackback (x) |
教訓
2011.10.8



キノコを捜し求めて、初めての山へ入り込む、Mr.Fと二人と油断した、「お〜ぃ」の声がだんだん遠のき聞こえなくなってゆく、携帯が鳴る「位置が解らん・出る方向が解らん」同じく私も自分の位置が掴めない、すぐに合流できた二人、太陽の位置で方向は解る「ガサゴソ」と笹薮を掻き分けハッキリとした目標を確認し脱出。
登山道に戻って「危ねぇ・一瞬焦った」と二人の安堵後の一声。

その後に登った瀞川山山頂で昼食を摂り記念撮影。
Nikon D7000 18-200

| - | 06:41 PM | comments (x) | trackback (x) |
渡りの二団
2011.10.2



ノビタキの数が少し増えてきた。



マガモも姿を見せた。
他にノスリが一羽姿を見せた。

Canon 1D EF600F4

その頃、六方田圃では大きなバ−ムク−ヘンが現れていた。


Nikon D7000 18-200

| - | 08:45 PM | comments (x) | trackback (x) |
夕焼け
2011.10.1



「まぁ帰ろうか」の時、複雑な雲。

Nikon D7000 18-200

| - | 08:31 PM | comments (x) | trackback (x) |
渡りの一団
2011.10.1



通過の一団なのか越冬の一団なのかコガモの一便が姿を見せた。

Canon 1D EF600F4

| - | 08:23 PM | comments (x) | trackback (x) |
杉の木洞のスズメバチ
2011.9.25



晩夏の暑い日、1本立に杉の木に近付いたとき〔ウウ−ン〕と何か工作機械が作動しているかのような音が聞こえる、少し離れた祠の天井には大きく成長したキイロスズメバチの巣が見え盛んに出入りをいしている、音の発生源は別のところから聞こえてくる、??足元にもスズメバチ飛び交っている、直感で杉→洞→巣と連想、杉の木を回り込めば想像のとおり根元に開いた洞口で数匹のスズメバチが巣内に送風をしている音と確認。
気になる種を確認するため同定可能な写真撮影を行う、連続するシャッタ−音でちょっぴり刺激、体の回りを偵察にやってくる(危ない危ない)・・・結果はモンスズメバチ

Nikon D7000 マクロ105F2.8

| - | 11:10 PM | comments (x) | trackback (x) |
ムナグロ入る
2011.925



探鳥の上がり、帰路の田圃道。
一斉に飛び上がった群れ、瞬間にムナグロと・・・降り立った田圃、夕刻の散歩をする人が近付いた時、再び飛ぶ、レンズで追うスロ−シャッタ−でブレが止まらない。

Nikon D7000 18-200

| - | 10:51 PM | comments (x) | trackback (x) |
稲刈り終盤
2011.9.24

台風15号が通過、雨量が多かったわりには被害が少ない、六方田圃は稲穂が見えなくなるほど浸かっていたのだろう。
天気の回復した今日は稲刈り作業が日暮れ間じかになっても行われていた。



上空を塒に向かう白鷺の群れが通過。



Nikon D7000 18-200

| - | 10:31 PM | comments (x) | trackback (x) |
久々の探鳥
2011.9.19



久々に大きなレンズを持ち出して探鳥、貰った情報とおり4羽のアオアシシギ。
広範囲にバラけたいたが一羽が頭上をかすめるようにやってきた。

Canon 1D EF600F4

| - | 10:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
食べるもの・食べられるもの
2011.910


足元からフッ−と飛び出した、じっとしていれば気付かなかった、飛んだばっかりにレンズという大きな目玉に狙われた、たまらず飛んだ先に待ち構えていたのはマミジロハエトリ。捕えられたアジアイトトンボ、しばらくペアをとかずにいた。

Canon 1D マクロ100F2.8

| - | 10:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
中秋の名月
2011.9.12
 
今夜は中秋の名月なんだそうだが、残念ながら薄雲が切れることがない。



Nikon D7000 18-200F3.5-5.6

それでもと長いレンズを構えてみるが、スッキリと抜けた像は得られない。



Canon 1D EF600F4 ISO100 f14 1/500
アンダ−露出で撮影・画像処理で明るさを持ち上げた。

| - | 01:23 AM | comments (x) | trackback (x) |
キノコの季節


まだ木々はしっかりと葉を付け時折木漏れ日が射す。
9月になり朝晩少し冷え込むとキノコの季節の到来である。



シロテングタケの群生、傘径は20僂鯆兇溝膩燭離ノコだ。
薄暗い林床でもよく目立つ。



シロオニタケ、大仏様のようにイボイボを傘につけている、開けば30僂鯆兇┐襪世蹐Α

2011.9.10  Nikon D7000 18-200F3.5-5.6

| - | 10:49 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑


<<次の記事 前の記事>>