■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2013年05月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■

楽々前城跡登山
恥ずかしながら、昨年11月に宵田城跡に登るまで、地元に住みながら楽々前(ささのくま)城のことは全く知らなかった。機会があれば登ってみたいと思っていたが、こんなに早く実現するとは...、偶然、新聞で見学会の案内を発見。これは、これはと参加させて頂いたのだ。



朝9時集合、暫くして西尾先生の説明が始まった。この楽々前城跡へは登山口が不明。当日、参加した人の中にも単独で挑戦して途中で断念したという人もいた。



最初に立ち寄ったのは「大池」?石垣で囲まれた窪地である。西尾先生のお話によると、灌漑用の池とは思われ無いということであった。昔はどうあれ五月のこの時期にこの状態では農業としては用を足さない。



暫く登ると、深い竪堀、「谷」と勘違いするほど幅広く深い。



特に畝状竪堀は感激ものだった。



主郭に到着したのが11時半、ここで弁当。南城のてっぺんであるが、標高307mにもかかわらず、周囲の立ち木で見晴らしは良くない。午後からは主郭の東尾根から北に伸びる曲輪を見学してから、下山。



途中、北城の曲輪から江原側を眺望する。これより少し前から問題発生。ズボンを這う「ダニ」が気になってしょうがない。



案の定、下山して車に乗る前に点検するとまた這っている。6匹目である。大きさは全て2mm弱。



帰ってから、入念に点検、服の裏側に3匹、下着に2匹付いていた。すでに左腿つけねに張り付いたものも発見。どうやら「タカサゴキララマダニ」?の幼虫のようである。そんなに藪の中を通った記憶は無いのだが、今更ながらマダニ類の多さに驚いた。

お世話頂いた西尾先生、Kさん、そして皆さんありがとうございました。皆さんは大丈夫でしたか....?。


| - | 10:20 PM | comments (x) | trackback (x) |
12隣保親睦バスツアー...丹後半島一周
今日は隣保の皆でバス遠足。なんと、7年ぶりのイベントである。まみちゃんの点呼で出発!!。



ヱビっさんの挨拶が終わると早速、かんぱぁーい!!。生憎の雨空だが、なんてこと無い。相変わらず、カメラ嫌いのよっちゃんのいる最後部に陣取った。



1さいのさらちゃんから...、



八十うん才の大御所まで、和気藹々。バスに乗ってる時間のほうが長いので、話しも弾む。



昼飯前に遊覧船。かわはらさぁーん、早くしないと船がでまぁーす!!。



カモメや鳶が船を追いかける。なんでかと思ったら、船の乗客が「えびせん」を撒いていた。



たいが君はおばあちゃんと一緒でご満悦。



さらちゃんは不審者に抱かれ不安そう...?。



昼飯のあと、文殊堂で記念写真。みんな良い顔してる。とくにひろっちゃんの笑顔が最高!!。



ということで、大変、楽しいバスツアーでした。ヱビっさん、かっちゃん、まみちゃん、そして皆さんお疲れ様でした。

| 雑記 | 11:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
第3回但馬コネクション−落語「笑いと涙と情と芸」
今回の「但馬コネクション」は「笑いと涙と情と芸」と副題のついた落語の会。河鹿さんの出演とあっては、私一人では役不足、婦夫でお邪魔した。



先ずは、春歌亭丹馬さんの「落語」についてのお話。江戸落語と上方落語の発祥の違いであるとか、用いる小道具の違い等々...。興味深かったのは「落ち」(サゲ)の種類、細かく分ければ24種?ぐらいにも及ぶらしいが、丹馬さんの分類は「地口落」「間抜落」「それ以外」の3種のみ、素人に判り易くという配慮か、そう深く考えなくとも良いと云う持論なのかは量りかねるが...?。

その後、可愛らしいちびっ子たちの小話が入れ替わり立ち代り続く。







そして真打登場、我らが「尼乃家 河鹿」。



そして、取りは再び丹馬さん。落語の面白さは勿論その落ちの意外さ、面白さだけでなく、そのプロセスにある人情であったり、登場人物や動物のしぐさの表現の多様さにあると思った。それは聴き手に知らず知らずのうちに、その場面を想像させる。それも一人一人受取りかたは異なるのは当然だが、一様に同じところで笑い、次なる展開を期待させる。落語家は矢張り「話し」の達人なのだ。



恒例のゲストを交えた立食会。Nご夫妻、スタッフの皆様、本当にお世話様でした。



| 雑記 | 11:48 AM | comments (x) | trackback (x) |
熱暴走 !!...?◆2人で暴走編-機
K氏は中古とはいえ高額なCPUとハードディスクを無駄にしようとしている。丁度その時、Core2Quad-Q9650とSASのHDDが載る安価な中古の出物が目に入った。K氏に勧める前に私自身が欲しくなってしまった。幸い複数あったのでK氏にその旨伝へ、ほとんど同時購入。K氏は常々、「パソコンの墓場」と私の仕事場を揶揄していたので、そろそろ新しいのを入れても...と私は思っていた。渡りに舟であったかも知れない。しかし、これが私の暴走の始まりだった。



K氏購入のDell Precision-T3400。早々に内臓カードスロットが付けてある。右はPC-9801BX4、まだ現役で動いているので、決して「パソコンの墓場」ではない。



早速、中を開けてCPUを取り替える。この頃からのCPUはピン曲がりを気にしなくて良い造りになっている。Q9650はさすがに速かった。



しかし、問題はSAS。K氏の災難は続いた。SASのハードディスクこのままでは作動しなかったのである。SAS→SATA変換ケーブルだけではHDDを認識どころか回転もしない。「ハードディスクが壊れてる?」と思った。それに当初、付いていたハードディスクはK氏のものは1日で壊れてしまった。



私のハードディスクも3日持たなかった。結局、安物買いの何とか...?。二人とも益々、熱くなってきた。

今日、K氏が仕事のため訪れ、仕事をしながら彼が呟いた「ブログを見たが、私に対して謝罪の気持ちが感じとれない!!。」と...、彼の中では、このところの災難・諸悪の根源は私なのである。


| PC・カメラ・家電他 | 09:51 PM | comments (x) | trackback (x) |
熱暴走 !!...? K氏の暴走編)
K氏の「暴走」はこれから始まった。



Core2Quad Q9650である。右のHDDは特に関係ない。K氏自宅のSOTECのパソコンに載せ替えるためにK氏が購入。機種モデルは忘れてしまったが、現CPUがQ9300、ソケットも同じ775である。FSB1333にも対応のマザーだったので、私も大丈夫だと思っていた。しかし...、BIOSのアップデートもSOTECには無く、載せ替えは失敗!!。K氏の薄くなった頭からは湯気が出始めた。

それならと、次なる対策と1.5Krpmハードディスクを購入。これは参った!!。私も最近のパソコン事情には疎く、私の最速機はPen4の3.4GHzのdimension8300なのである。それもHDDはPATA接続止まりでSATAのものは無い。SASなんて知らなかったのである。




「1.5krpmのSASのハードディスクがあるなぁー...、はやいだろうなぁー!!。」とK氏、「いいんじゃない」と私は何気なく返事をしたのを覚えている。当然、SATAだと思い込んでいた。全く別物、昔でいうSCSIである。これもSOTECには載らない。これでK氏は益々ヒートアップ、氏の脳みそは沸騰寸前!!。これが、二人の止め処ない暴走の始まりでもあった。

| PC・カメラ・家電他 | 11:10 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑

 前の記事>>